設楽統のこの映画にしたら? Vol.8「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
2014年3月12日

anohana_main

「僕の田舎が東京のアニメに登場!」とすべての田舎者に自慢したくなります

■今月の一本
劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

■見せたい相手
すべての田舎者たち

待ってました! 「あの花」は僕の地元、秩父が舞台になっているので、思い入れがハンパないです! 秩父橋や武甲山、秩父神社、西武秩父駅…と高校時代にウロウロしていた場所が、ここまでリアルに描かれているのはフシギな感じ。主人公じんたんの高校は「バカなヤツしかいない」っていう設定だったけど、あのへんでいちばんバカな学校って、僕の高校じゃないかなぁ(笑)。

anohana_sub6-300x168

でもね、僕がハマった理由はそれだけじゃないんです。まず“青春あるある”が詰まってますよね。友達の家でゲームしたり、秘密基地を作ったり、男女の仲良しグループが高校に入ったとたん、会話がぎこちなくなったりするあの感じ。それにC.C.レモンとかガリガリ君とかケンちゃんラーメンとか懐かしい商品がばんばん出てくる。聞けば、脚本家の方が1976年生まれで秩父出身ということで同世代なんですよね。だから見ていて「あれ、もしかしてこのキャラ、知り合いかな?」っていう錯覚にとらわれるんです。ちなみに僕の高校時代はじんたんとは正反対。友達もたくさんいたし、素人としてテレビにも出たし、華やかな青春でした(笑)。

そんな“あるある”で構成された田舎の若者数人の話に「昔の仲間が幽霊として現われる」というぶっ飛んだ設定を加えているのがおもしろいですよね。普通なら「本当にオバケがいるの?」っていうサスペンスで引っ張るところを、「あの花」は正体がバリバリ出る。しかも最後は仲間に手紙を残したりと、結構なアピール具合(笑)。新しいですよね。それと、めんまの〝願い〟を叶えるためにみんなが必死になる姿にとにかく泣かされます。「泣ける」と聞いて先入観込みで見てもやっぱり泣ける。しかも、エンディングテーマはZONEの「secret base~君がくれたもの~」のカバーですよ。これ以上ないってぐらい絶妙なタイミングで流れるんです。もう反則としか言いようがない!

anohana_sub1-300x168

あとこれは秩父という土地の特性だけど、山に囲われた盆地だからか閉塞感がある。東京への憧れと嫉妬と一方的な敗北感と、だけどそこまで田舎じゃないというビミョーな距離感。そのあたりが、キャラクターに反映されている気がしますね。超平和バスターズのメンバーって、いわゆるクラスの人気者グループではないと思うんですよ。もちろん、めんまが死んだという過去も影響しているかもしれませんが、じんたんはアムロ・レイや碇シンジみたいな内向的なキャラだし、それ以外のメンバーもみんな影がある。

僕も“東京の芸人”としてくくられるけど、どこかであか抜けない自分がいて。地元の友達も同じように感じてるみたいで、上京してもほとんど秩父に帰ってるんですよ。だから「あの花」の続編があるなら、超平和バスターズも一度は東京に出るけど、秩父に戻るんじゃないかな。とは言え、じんたんはずーっと引きこもってるでしょうけど(笑)。

で、誰に見せたいかですが…。秩父に暮らすちょっと年配の人ですかね。いま、聖地巡礼でにぎわっているでしょ? 僕も少し前に秩父に帰ったとき、超平和バスターズのコスプレ軍団と出くわしまして。コーフンして記念撮影しちゃいました。そんな感じで盛り上がっているのに、地元の人は温度差があるんですよね。お土産屋さんで劇中に登場する蒸しパンを売っていて、僕がテンションあがってたら、お店の人はそこまでアニメの内容をわかってないみたいで(笑)。せっかくの観光地だし、もっとブームに乗っかってほしいなあと。あの秘密基地を山に作って、周りにコテージなんか建てたらファンも殺到するはず。秩父のみなさん、ぜひ実現させましょう。あと、秩父以外のすべての田舎者にも見てほしい。どうだ、うちの田舎は東京のアニメに取り上げられたぜ! うらやましいだろう!…っていうちょっとした自慢です、ハイ。


「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」
フジテレビ系ノイタミナで放送された人気アニメの劇場版。仲間の少女の事故死が原因で疎遠になった仲良しグループ「超平和バスターズ」。事故から5年後。少女が幽霊になって現われたのを機に再会した彼らは、それぞれのトラウマと向き合う。テレビで描かれなかった過去や最終回から1年後の5人の姿も描かれる

監督/長井龍雪
脚本/岡田麿里
声の出演/入野自由 茅野愛衣 戸松遥 櫻井孝宏 早見沙織 近藤孝行

DVD&ブルーレイ/アニプレックス

■プロフィール
1973年、埼玉県出身。’93年に日村勇紀とお笑いコンビ、バナナマンを結成。俳優の仕事も多く、「裁判長! ここは懲役4年でどうすか」(’10)で映画初主演。現在、フジテレビ系「ノンストップ!」の司会を務める

■バナナマンinformation
2013年8月に東京・俳優座劇場で行なった単独ライブ「Cutie funny」のもようを収めたDVDが発売中。人気バラエティ「ゴッドタン」の新作DVD「マジ歌選手権マキシマム」「恋するヒム子ドッキリ&マジ照れキュート…を取ってエイっ!技あり~!!パック」が3月19日に2作同時発売

©ANOHANA PROJECT
撮影/杉 映貴子